2018年6月12日火曜日

タクシーの主な表示とその意味

私が所属しているLLP(有限責任事業組合)では、
『理想のやさい』や『理想のくだもの』といった商標を旗印に、風変りなブランド戦略で、食に関わる方々を“応援”しており
最近・その関係のシステム作りや情報収集をしていたもので...
当該「タクシーに関するブログ」の更新が疎かになっていました。

そこで、
久々の“タクシー関連の話題”...(^^;

車内のダッシュボード上にある...タクシーを正面から見た際・フロントガラス内の右側に光る!、「空車」や「回送」などが表示されているものを「タクシー表示灯」もしくは「スーパーサイン」などと呼びます。

出典:掲載写真 江東矢崎サービス株式会社/ LEDタクシー表示灯
http://www.koutou-yzk.co.jp/products/taxi_system/led.html

運転手の操作により、スイッチで「空車」→「回送」→「空車」といった具合に切り替えることが出来るようになっています。

「空車」は、お客様を乗せていない状態。
「回送(out of service)」は、簡単に言えば“今は営業していませんよぉー!”という意味。

そのあたりは、比較的によく見る機会があるでしょうが、
それ以外にも、いろいろな表示が存在するので、まとめてみました。
※「空車」→「回送」は、運転手の操作により、スイッチで切り替えますが、
「賃走・実車」 等に替わる際は、「料金メーター」と連動・自動で切り替わります。


●「空車」 空車の場合に、車外に向けて表示されます。
●「賃走・実車」 実車の場合に、車外に向けて表示されます。
※お客様を乗せている状態。
●「割増」 割増運賃を適用している場合に、車内及び車外に向けて表示されます。
●「迎車」 迎車回送料金を適用している車両が、乗車申込みを受けて指定場所に迎車回送する場合に、車外に向けて表示されます。
●「予約(車)」 迎車回送料金を適用しない車両であって、乗車申込みを受けて指定場所に迎車回送する場合、又は指定場所に到着後旅客の都合により車両を待機させる場合、若しくは運送の途中において旅客の都合により車両を待機させる場合に、車外に向けて表示されます。
●「貸切」 時間制運賃を適用している場合に、車外に向けて表示されます。
●「観光」 観光ルート別運賃を適用している場合に、車外に向けて表示されます。
●「定額」 定額運賃を適用している場合に、車外に向けて表示されます。
●「回送」 運転者が食事、休憩、燃料補給等のため運送引受けをすることができない場合、又は乗務の終了等のため車庫若しくは営業所に回送している場合に、車外に向けて表示されます。
●「救援」 救援事業の業務遂行のために走行している場合に、車外に向けて表示されます。
●「SOS」緊急事態が発生している場合に 、車外に向けて表示されます。
●「代行」 自動車運転代行業の用に供する随伴自動車として用いる場合に、車外に向 けて表示されます。
●「自家用(車)」自家用車として利用している場合に 、車外に向けて表示されます。
※個人タクシーさんの車両で(比較的によく)見ることが出来ます。

「スーパーサイン」の機種・種類によって(若干の)違いはありますが、
ざっとこんな感じです。

因みに...

タクシー(運転手)に関係する法律・法令の主なものは以下の6つ。
●タクシー業務適正化特別措置法
※タクシー業務適正化特別措置法施行規則
●道路運送法
●旅客自動車運送事業運輸規則
●一般乗用旅客自動車運送事業標準運送約款
●道路交通法
●道路運送車両法


ざっと目を通しましたが、

「実車」ボタンは“何時(どのタイミングで)”押すべきか?
という素朴な疑問に触れている箇所は無かったような気がします。

そんなの当たり前過ぎるからだよぉー
と言われるかもしれませんが...(^^;

では...

赤信号になったばかりの状態で、お客様が乗車。
発車までは、まだ時間が暫くある。

そういった場合、
青信号になった時点で「実車」ボタンを押す?
目的地を言われた時点で(信号機がまだ「赤」であっても)「実車」ボタンを押す?

基本的には(タクシーセンター曰く)「後者」が“正解”の模様。

ただ(信号機がまだ「赤」の状態で「実車」ボタンを押すと不機嫌になる方もいるので...(^^;)、そのあたりは「臨機応変」な対応が必要っぽいです(よ)ね。

0 件のコメント:

コメントを投稿