2018年6月15日金曜日

2022年4月施行・改正民法成立

京急「梅屋敷(駅)」と「京急蒲田(駅)」の中間、第一京浜沿いにある大田区総合体育館。

新日本プロレスの旗揚げ(1972年)をはじめ、
全日本プロレスのジャンボ鶴田VSスタン・ハンセンの三冠ヘビー級王座統一戦などが開催された格闘技の聖地であり...
去年の大晦日にもボクシングの世界戦が行われた(意外にも)有名な場所です。

さて・この体育館、
大田区の新成人のための式典が催される会場でもあります。

大田区の総人口は約70万、そして・新成人の人口は6,000名くらい。
すべてが式典に出席するわけでは決してないでしょうが、親御さんや彼氏・彼女といった同伴者もいるため、
式典当日...(周辺は)かなりの人が集まります。
※当日が出番の時などに、何組かのお客様を送迎した経験があります。

そして・式典が終わると、
(周辺の)ターミナル駅であるJR蒲田駅等に、久々に会った嘗ての同級生などとくり出すのもの(一部の間では)恒例をなっており、
私なども(かなり昔のことですが...(^^;)懐かしく思い出す次第です。

さて(話は変わりますが...)一昨日の13日。
成人の年齢を20歳から18歳に引き下げることを柱とした改正民法と、
それに関連する法律の見直しが参院本会議で可決・成立。
※2022年4月に施行される模様です。

見直された関連する法律は、20歳を維持するためのものと、
条文上「20歳」と明記されているものを「18歳」に直すものに大別され...

飲酒や喫煙、公営ギャンブルについては健康被害や(ギャンブル)依存症への懸念から「20歳以上」を維持するため、法律の名前や規定にある「未成年者」を「20歳未満の者」と改める模様です。

「成人の年齢を20歳から18歳に引き下げる」ということは、
“成人式”は18歳の時に行われ、
しかし・その際には「飲酒」は出来ない。(T_T)
ということになるのでしょうね?

わが子(娘)も対象となるのですが...
何か「判り難い」感じもします(よ)ね。

0 件のコメント:

コメントを投稿