2017年12月21日木曜日

「何・やっているんだよ」築地&豊洲

昨年(2016.09.29)東京・築地市場の豊洲への移転をめぐる問題で、地下水のモニタリング調査において、環境基準値を超えるベンゼンとヒ素が検出された。

東京都が、敷地内の201カ所の地下水を調査したもので、確か・青果棟のある5街区の2カ所から、基準値の1.4倍のベンゼンが検出されたというもの。

私ごとの考えで恐縮なのですが...
問題視されているのは、70年間、1日2リットルの地下水を「飲用」することを想定し、地下水の環境基準や水道水の水質基準と同様の考え方による基準値。

それが、少しくらい上回ったからって、何か問題あったのか?
あくまで「飲用」を想定したもの。
それも、70年間、1日2リットルを「飲用」した場合を想定。

さて、
あれから1年以上。

もう2017年も終わろうとしているが...
未だに「安全宣言」は出されていない。

その1年間で、小池知事は国政に首を突っ込み...
結果はご存知のとおり。

先月、築地市場から豊洲への移転は早くても1年後になるという見通しが発表された。
また、2020年の東京五輪会場や選手村を結ぶ主要道路となる環状2号線の整備計画について、
築地跡地の地下にトンネルを通すのが間に合わないと判断したことも明かにされた。

最近もひっそりとした施設を通過して、
お客様をお送りしたが...

「何・やっているんだよ」と思った次第。

0 件のコメント:

コメントを投稿