2017年11月12日日曜日

交差点内での車線変更は違反?

タクシー運転手にとって、
「道交法(道路交通法)」がとても大切なことを、
今更ながら痛感している次第。(^^;
※別に(最近)違反したわけではありません。

先だって、お客様と...
白直線の車両(通行帯)境界線を跨いでの車線変更って...違反?
といった話題になった。

公道を使い・商売させてもらっている者としては、
かなり曖昧な回答であったものと反省。(>_<)

少々調べてみることにした。

私も(恥ずかしながら)...
交差点内とその手前での車線変更は違反であると考える一人であったが、
それは、
交差点内とその手前30メートルが、
「追い越し禁止」場所であることからの混乱?
と思われる。

まず...用語の定義として、
「車線変更」といったものは「道交法」には見当たらない。

その代わりにあるものが「進路の変更」である。

さて、
「進路の変更」についての規定は“道路交通法第26条の2”にあるが、
交差点とその手前での「進路の変更」を禁止する規定は見当たらない。
“ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
(進路の変更の禁止)
1 車両は、みだりにその進路を変更してはならない。
2  車両は、進路を変更した場合にその進路を変更した後の進路と同一の進路を後方から進行してくる車両等の速度又は方向を急に変更させることとなるおそれがあるときは、進路を変更してはならない。
3  車両は、車両通行帯を通行している場合において、その車両通行帯が進路の変更の禁止を表示する道路標示によつて区画されているときは、次に掲げる場合を除き、その道路標示をこえて進路を変更してはならない。

一  第40条の規定により道路の左側若しくは右側に寄るとき、又は道路の損壊、道路工事その他の障害のためその通行している車両通行帯を通行することができないとき。
二  第40条の規定に従うため、又は道路の損壊、道路工事その他の障害のため、通行することができなかつた車両通行帯を通行の区分に関する規定に従つて通行しようとするとき。
※道路交通法第26条の2より
  =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ”
黄直線を跨いでの車線変更は許されず、
違反すれば“進路変更禁止違反”に問われるが...

原則として・交差点内とその手前での「進路の変更」に違法性はないと思われる。

しかし...
上記条文にもあるとおり、
後続車両の進行を妨害してはならないとされている以上、事故になった場合には
“進路変更禁止違反”に問われる可能性は否定できないし、
“みだりにその進路を変更してはならない”とあり、
「取り締まる側」に都合の良い・有利とされるものになっているので十分な注意が必要であると言わざるを得ない。

また“進路変更禁止違反”とは別に、
“通行区分違反”というものがある。

右折や左折などをする際、方向別に区分された車線(車両通行帯)を通らない時に違反となる。

詳しく説明しているサイトがありますので、
よろしければ、ご参照ください。
↓↓↓
http://office-midori.net/traffic/lane.html

なお...“交差点右左折方法違反”なるものも存在。
交差点内とその手前での「進路の変更」は、とにかく!留意すべきとの結論。(>_<)

0 件のコメント:

コメントを投稿