2017年10月14日土曜日

株取引とタクシー運転手

内閣府が毎月実施している景気の動向を示す「景気ウォッチャー調査」

タクシー運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員といった景気に敏感な職種に就く人々を“景気ウォッチャー”に見立て、肌で感じる景況感を調査しているものです。

さて、
“景気ウォッチャー”としてインタビュー・任命されたことはないが...
実は、私も株(取引)を行う端くれ。(^^;

株式情報HP・無尽蔵といった日足がダウンロード出来るサイトから落として来たCSVデータや、
楽天・岡三証券が提供しているRSS(リアルタイムスプレッドシート)を活用して、
Excel(VBA)でデータ加工したものを参考にして、スイングトレードやデイトレード・ スキャルピングしている次第です。
本業(タクシー運転手)や組合の仕事が忙しいので、
最近は、たまぁ~にスイングトレードをしている程度ですが...

結構・長いこと(株を)やっているのですが、
大勝ちすることもなく、大負けすることもなく、
ただ...通算では(一応・多少ですが)勝ち越してはいると思います。(^^)

追記(2018.08.14)
トレードステーション専用PG言語「EasyLanguage」についての研究もはじめました!(^^)/

0 件のコメント:

コメントを投稿